厄年

日本には古来から、人生の節目を「厄年」として忌み慎む慣わしがあります。厄年とは、人間の一生のうち、何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、医学の発達した現代においてもなお、万事に慎まねばならない年齢とされています。
一般的には数え年で男性は25歳、42歳、61歳で、女性は19歳、33歳、37歳とされ、中でも男性の42歳と女性の33歳は「大厄」といい、その前後の年齢も「前厄」「後厄」として、特に忌むべき年齢といわれています。
厄年というのは、現代の生活にもあてはまる人生の転換期であり、肉体的にも精神的にも調子をくずしやすい年齢といえます。
厄祓(やくばらい)の方法としては、神社に詣でて祈祷していただくのが一般的です。

源氏物語(紫式部、1001年以後の起筆)に厄年の記述があります。
若菜下巻で、「女楽の後、紫の上は発病するのだが、これまた、今年は三十七にぞなりたまふ。」と明記されていて、源氏も紫の上に対して、「重厄を意識して、さるべきご祈祷など、常よりもとり分きて、今年はつつしみたまへ。」と言って、除厄のための祈祷などを勧めています。また、薄雲巻にも、藤壺の三十七歳の厄年についての記述が見えます。拾芥抄(鎌倉中期1330年頃 当時の百科事典)にも記述があります。

令和3年厄年早見表

男性
前厄 本厄 後厄
24才(平成10年生) 25才(平成9年生) 26才(平成8年生)
41才(昭和56年生) 42才(昭和55年生) 43才(昭和54年生)
60才(昭和37年生) 61才(昭和36年生) 62才(昭和35年生)
¥
女性
前厄 本厄 後厄
18才(平成16年生) 19才(平成15年生) 20才(平成14年生)
32才(平成2年生) 33才(昭和64年生) 34才(昭和63年生)
36才(昭和61年生) 37才(昭和60年生) 38才(昭和59年生)
60才(昭和37年生) 61才(昭和36年生) 62才(昭和35年生)

* 年齢は数え年
* ( )の中は誕生年です。

数え年について:

現在、私たちは、満の年齢を用いていますが、戦前までは数え年で年齢をあらわしていました。
 数え年では、生れたときに、歳神様から新しい命を頂き、一歳になり、次のお正月でまた新しい命を頂き二歳になります。お正月に歳神様から新しい命を頂き私たちは歳を重ねていく、というのが数え年の考えです。
 ですから、お正月にはお互いに新しい命を頂いておめでたいので、「おめでとうございます」と挨拶するのです。
 数え年の計算方法は、1月1日に誕生日を過ぎている人は、満年齢に1歳を足していただき、誕生日前の方は、満年齢に2歳を足していただくのです。